24カラットのダイヤモンド「バローダの月」が札幌で展示

数々の逸話に彩られた
24カラットの大型ダイヤモンド
「バローダの月」が、2008年10月に
北海道札幌市で展示されています。

大型ダイヤ「バローダの月」が札幌で展示

スポンサード リンク

数多くの逸話が残っているという大型ダイヤモンドバローダの月」が、2008年10月7日〜13日まで、北海道札幌市の三越札幌店の宝石フェアで展示されているとのこと。

バローダの月」は、15世紀のインド・バローダ地方で産出されたと言われており、月のような黄色い光「カナリーイエロ−」を放つ、雫またはペアシェイプ(洋梨)型をした、重さ24.04カラット(約5g)の大型ダイヤモンドです。

この「バローダの月」は、18世紀のフランスの王妃「マリー・アントワネット」が身に付けたと言われています。

また、映画「紳士は金髪がお好き」の中で、女優マリリン・モンローが首に掛けていたそうです。

24カラットのダイヤモンドの場合、一般的には最低でも数億円の価値があるとのこと。

ただし「バローダの月」は、多くのエピソードにまつわる一品であることから、仮に値段をつけるとしても、想像がつかないものであるようです。


(参考)
・北海道新聞2008年10月8日(水)朝刊25面記事「24カラットの輝きにため息・・・ モンローの胸元も飾ったダイヤ 「バローダの月」三越で展示」
・時計・宝飾マイスター:マリリン・モンローと24カラットのダイヤモンド「バローダの月」 - livedoor Blog(ブログ)
 (※「バローダの月」を身に付けたマリリン・モンローの写真あり)
 http://blog.livedoor.jp/peaceman08/archives/54323485.html
・「マリリン・モンロー写真展〜Who is Marilyn?〜」開催 3月8日(木)〜4月9日(月) 東京伊勢丹美術館にて (01.2.9)(プレスリリース@日テレ)
 (※「バローダの月」の展示に関する記述あり)
 http://www.ntv.co.jp/info/news/019.html
・モンビジュSEIKODO THE MOON OF BARODA バローダの月ダイヤモンドネックレス 2. - Yahoo!ショッピング
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/monbijoux-seikodo/2544ct.html


「バローダの月」の歴史(1)

スポンサード リンク

参考資料[1]〜[7]によると、24カラットの大型ダイヤモンドバローダの月」の原石は、インドのグジャラット州で産出されたそうです。
(※産出された時期について、[2]では8世紀末に産出、15世紀にインドで発見と解説されており、一方[1]では簡潔に15世紀のインド産、との記述がありますが、正確な産出時期がいつなのかは、管理人は確認できませんでした。)

その後、インド・バローダ地方の藩王(マハラジャ)が所有。

バローダの月」という名前は、ダイヤモンドが放つ輝きの色(カナリーイエロー)が、バローダ地方で見る満月に似ていることが由来であるそうです。

18世紀末には「バローダの月」はインドから、オーストリアのハプスブルク家の女帝マリア・テレジアへ贈られたとのこと。

また、18世紀のフランス王妃マリー・アントワネット(※マリア・テレジアの娘の一人)がこの「バローダの月」を身に付けた、との言い伝えがあるそうです。


(参考資料)
・[1]北海道新聞2008年10月8日(水)朝刊25面記事「24カラットの輝きにため息・・・ モンローの胸元も飾ったダイヤ 「バローダの月」三越で展示」
・[2]zuzu creations site | Diamond
 http://www.avis.ne.jp/~zuzu/gems/diamond.html
・[3]伝説の輝きがペンダントに モンローが愛したダイヤモンド - [ジュエリー・時計]All About
 http://allabout.co.jp/fashion/jewelry/closeup/CU20001104A/
・[4]時計・宝飾マイスター:マリア・テレジアが所有したダイヤモンド「バローダの月」 - livedoor Blog(ブログ)
 http://blog.livedoor.jp/peaceman08/archives/54248818.html
・[5]時計・宝飾マイスター:バローダの月 - livedoor Blog(ブログ)
 http://blog.livedoor.jp/peaceman08/archives/54248641.html
・[6]モンビジュSEIKODO THE MOON OF BARODA バローダの月ダイヤモンドネックレス 2. - Yahoo!ショッピング
 http://store.shopping.yahoo.co.jp/monbijoux-seikodo/2544ct.html
・[7] WALTHAM - Lady Baroda 伝説のダイヤモンド「バローダの月」にインスパイヤされて誕生したジュエリーウオッチ(平和堂貿易株式会社 | ニュースリリース)
 http://www.heiwado-boeki.co.jp/news/20080917_1_3.html


「バローダの月」の歴史(2)

スポンサード リンク

大型ダイヤモンドバローダの月」はヨーロッパに渡った後、再びインドに戻りますが、1920年代にはアメリカに渡り、女優マリリン・モンローが映画「紳士は金髪がお好き」の中で身に付けることになります。

(「紳士は金髪がお好き」の公開当時、「バローダの月」はデトロイトの宝石商ローズ・バウム氏が所有していたそうです。)

そして現在「バローダの月」を所有しているのは、日本の「平和堂貿易」という企業だそうです。

日本では2000年、テレビドラマ「億万長者と結婚する方法」で藤原紀香さんが「バローダの月」を身に着けたり、東京の国立科学博物館で開催された「ダイヤモンド展」で展示されていたとのこと。

また2008年10月には、北海道の三越本店の宝石フェアで、「バローダの月」が展示されています。

ちなみに、2008年にアントワープで開かれる「Diamond Divas」(世界のダイヤモンド展)で、この大型ダイヤモンドバローダの月」が展示される予定とのことです。


(参考資料)
・北海道新聞2008年10月8日(水)朝刊25面記事「24カラットの輝きにため息・・・ モンローの胸元も飾ったダイヤ 「バローダの月」三越で展示」
・伝説の輝きがペンダントに モンローが愛したダイヤモンド - [ジュエリー・時計]All About
 http://allabout.co.jp/fashion/jewelry/closeup/CU20001104A/
・時計・宝飾マイスター:マリリン・モンローと24カラットのダイヤモンド「バローダの月」 - livedoor Blog(ブログ)
 http://blog.livedoor.jp/peaceman08/archives/54323485.html
・時計・宝飾マイスター:バローダの月 - livedoor Blog(ブログ)
 http://blog.livedoor.jp/peaceman08/archives/54248641.html
・ WALTHAM - Lady Baroda 伝説のダイヤモンド「バローダの月」にインスパイヤされて誕生したジュエリーウオッチ(平和堂貿易株式会社 | ニュースリリース)
 http://www.heiwado-boeki.co.jp/news/20080917_1_3.html


歴史・文化の覚え書き > 24カラットのダイヤモンド「バローダの月」が札幌で展示